ホームページ制作 東京|ネットショップ制作 ワードプレス制作を含め、SEO対策に特化した、ホームページをお求めならWEBパートナーにお任せ

Read Article

SEO対策

どうすればアクセス数を上げることができるのか分からない必見!

1.キーワードとSEO対策の種類を知ろう

SEOのターゲットキーワードは、検索される数によってビッグ・ミドル・スモールに分けることができます。これらのキーワードの大きさごとに、必要なSEO対策が増えて行くのは、ご存知でしたか? キーワードの大きさの種類と、それぞれに必要な対策とを、わかりやすく示したのが、下の図です。

SEO対策について

2.正しい順序でSEO対策をしよう

SEO対策を行う際は、正しい順序を守る必要があります。このことにより、SEO対策の効果を最大化でき、また、ペナルティの可能性を高めることなく安全性を最大限保ったSEO対策が可能になります。 例えば、作りたてのサイトで、いきなり「内部SEOの強化(コンテンツSEOなど)」だけを行っても、順位は思うように上がりません。 あるいは、いきなり「外部SEOの強化(強いサイトからの被リンク)」を行うと、順位がうまく上がらないばかりか、ペナルティの可能性が高まります。 まずは、基礎SEO、すなわち、外部SEO基礎(自然な被リンクの獲得)と内部SEO基礎(サイト内部のSEO要素最適化)を固め、サイトに力をつけることが必要です。その後に、順序どおりに他の対策を積み上げることで、SEO対策の効果が最大化します。

seopolicy_img02

3.まず基礎SEOを固めよう

まず最初に基礎SEOを固めることで、スモールキーワードでの順位獲得や、ミドル~ビッグキーワードへ向けたSEO対策積み上げが可能になります。 外部SEOの基礎固めには、強いサイトからの強い被リンクではなく、Googleガイドラインを考慮した自然な被リンクを獲得します。また、内部SEOの基礎固めは、サイトタイトルやページ本文の調整など、最も基本的かつ最も重要な内部対策を網羅することがポイントになります。 この、基礎SEO固めのために設計されたのが、WEBパートナーのSEO対策サービスです。 SEO対策サービスのご利用により、自然な被リンクによる外部SEOと、必要なポイントを網羅した内部SEO対策支援で、サイトの基礎SEOを固めることができます。

4.より難しいワードには、さらに対策を積み上げよう

さらに、ビッグキーワードのようなより難しいワードでSEOを行う場合は、基礎SEO固めを完了してから別の対策を積み上げることで、順位を上げることができます。 この場合もやはり、正しい順序で対策を積み上げなければ、思い通りに順位は上がりません。SEO Packで基礎SEOを固めたら、次は外部SEOの強化、またその次は他社SEOサービスなどによる内部SEOの強化を行うことで、より難しいワードでも順位上昇が可能になります。

これでダメなら諦めてください!!

1.外部SEO

「安心」を追求 どんなサイトでも安心してご利用いただくため、Googleガイドラインを最大限考慮したリンク獲得支援を行います。安全性への影響が実験で確認された、自然なリンク増加機能やドメイン・IP分散機能も、無料でご利用いただけます。 また、急なSEO対策の中止などで獲得したリンクを削除したい場合は、ご希望に応じいつでも削除可能です。

2.ノウハウご提供

最新のSEO事例に基づいたノウハウを提供 SEOの悩みを解決する各種ノウハウを、ご契約者様に随時提供します。 ノウハウは、専用管理ツール seodoor からPDF形式でダウンロード可能です。 具体的なSEOの基礎固め方法から、パンダやペンギンなどアルゴリズム対策、実際の順位変動時やペナルティ時の対応実例も公開しています。

3.お客様満足度98%!

弊社SEO対策サービス実績500企業様以上のデータを基に、徹底してお客様の店舗様オリジナルの企画やご提案でディレクションさせて頂いておりますので、お客様には大変満足頂いております。目指すはお客様満足度100%!!

SEO対策サービス料金プラン

月額固定プラン

seo

SEO対策サービス実績


サービスの流れ

1.お問い合わせ

お問い合わせフォームよりご連絡頂きます。

2.プラン内容の決定

各プランの中から決定して頂きます。

3.ご契約

ご契約書に会社情報を記入。

4.サービス実施

WEBパートナー独自SEO対策サービスを実施致します。

5.効果確認

施策実施後、分析・基準値設定の際に設計された測定指標の結果を早期に確認します。月次で分析・報告レポートをご提出させて頂き、ご担当者様との定例会議において、各種施策の結果についてデータに基づいた評価を行います。

6.仮説見直し

ユーザー・競合は日々変化し続けていることを前提とすると、初期に設定した基準値も変化し続けるケースが多くあります。達成した目標値はより高く設定すべきであると考えます。また非現実的であった目標の場合も、結果を踏まえて現実的な目標・施策を積み重ねるべく、結果データを踏まえて仮説を見直してまいります。

お問い合わせ
Return Top